<2016年8月 一部更新>

1.日本でのドイツ語学習事情

ドイツ行きを決めたからには、渡独までに日本でやっておくことはやはり語学。
ドイツ自体は日本人にとって割と身近であるものの、ドイツ語となると話せる人はそういない。
つまり、ドイツ語を良い環境で学習することはなかなか大変である。

まず、学習するうえで考えたのは以下の点。
1) 通学30分以内
2) ドイツ語を母国語とする先生
3) 個別レッスン

神奈川の西部とは言え、運よく、関東であるため、ドイツ語を学べる学校の選択肢は比較的多い。
(実家のある広島では選択肢は数えるほどしかない…。これがドイツ語学習の現実。)
まずポイントとなるのは 2) である。近場の大手語学学校に連絡をしてみると、
第二外国語としてドイツ語を学んだ先生が多い。中心部(東京や横浜近辺)であれば、ドイツ人の先生も多い様だか、ここは神奈川の西部。少しハードルが上がるようだ。
やはり母国語としてドイツ語を使ってきた先生が良いので、それらの学校は却下。
次に小さめの語学学校に当たってみる。すると、ドイツ人の先生がいるとのこと。さらに個別レッスンも可能とのこと。
そして体験授業の受講。良い感触。
結局、通学には40分ほどかかったが、町田のICC外語学院を選ぶことにした。

ドイツに来てみて感じたが、やはり母国語の先生を選んでいてよかったと感じることがある。
なぜなら、ドイツの語学学校は、ドイツの小中学生が学ぶドイツ語の指針に沿っているからである。

2.日本でどこまで勉強しておくべきか
いざ勉強が始まると、重要となるのが目標の設定である。
週1回2時間の授業では進みは当然速くない。

ドイツ語の公式な検定の1つにGoethe Instituteが主催する試験がある。
ドイツでも通用する検定と言うことで、これを基準に目標を立てることとした。
(有名どころでは "独検" があるが、ドイツでは通用しない。)
レベルごとの区分けは簡単には以下のとおりである。
 A1、A2 初級 (自己紹介、あいさつ、基礎文法の理解)
 B1、B2 中級 (日常会話、自己主張が可能)
 C1、C2 上級 (重要なディスカッションが可能)
(A1が最も初級、C2が最も上級。各レベルの説明文はあくまで目安。)

B1以上は会話力が大いに重要となるため、目標をA2と設定した。
(この段階ではまだ会社を辞める日程が決まっていなかった。)

ちなみにこの時のドイツ語習熟レベルは、初心者レベル。
大学の第二外国語でドイツ語を選択していたものの、単位を取るためしかやっていなかったので
恥ずかしながら数字や簡単な文法しか知らないレベルであった。

ドイツに来てみて感じたこと。A2はクリアしておいた方が良いと感じる事が多い。
なぜなら、ドイツで生活するとなると、トラベル会話集レベルの会話を話さなければいけないことが多々あるからである。(例えば、最初に行わなければいけない "住民登録" や "ビザ申請" などで。)
その時に、基礎的な文章の文法や使い方が理解できていないと、会話すら理解できず、応用がきかない。
(英語が堪能であれば、最初の手続き辺りは何とでもなるだろうが。)


3.使用テキスト
IMG_1540_1600

これは先生によって決まってしまうわけだが、以下のものを使用した。
・ Schritte international (Heuber)
このテキストはドイツでも多く見かけることから、非常に一般的な教材。ちなみに、日本ではamazonで購入可能。
ヴュルツブルグの語学学校 "inlingua" でも "Heuber" の教材を使用するので、"慣れ"の部分でもよかった。


4.その他の勉強方法
お勧めしたいのは定番ではあるが、NHKのドイツ語講座(TV)
正直、純粋な勉強と言う意味ではあまり期待できないが、シリーズごとにドイツの街を舞台に文化や街の様子を紹介してくれる。生活についても頻繁に紹介してくれるので、ドイツでの生活をイメージしやすい。

ヨーロッパの他の国の様子を知りたいのであれば、同じシリーズのイタリア語やフランス語講座を見ても面白い。
録画しておいて、適当なときに流しておくだけでとても役立つ

ドイツ行きを友人や親族に話をすると、必ず住む街がどんなところか聞いてくるものである。
そんな時の情報源としてNHK講座の知識が大いに役立った、、、と言うのはナイショの話。。


5.日本で勉強した期間
渡独を決めたら、会社を辞めるタイミングを決めなければいけない。
とは言え貯金額や会社の状況もあるので、すぐには無理である。
結局、延びに延びてしまい2013年12月末に退社する運びとなった。

結果的に日本では週1回2時間 1年半のドイツ語学習を行い、
無事にA2合格の目標を達成できた。

検定結果
A1 : 2013年4月合格(勉強開始から10ヶ月)
A2 : 2013年9月合格(勉強開始から15ヶ月)
(語学勉強や検定についての詳細については他のHPを参照にしてもらいたい。)
普通のサラリーマンが働きながら勉強するのであれば、この程度は見ておいた方がいいと思う。


6.日本でのドイツ語勉強スケジュール(まとめ)
2012年6月 授業開始 (週1回 2hr)
2013年4月 A1取得
2013年9月 A2取得
2013年12月 授業終了(B1の半分まで)