2015年8月,2016年4月 一部更新


ドイツの音楽、、、結構良い。
勉強のために聴きはじめたら、結構テンポがゆっくりめで心地良くてハマってきた。

ということで、普段YouTubeで良く流しているドイツ語の曲たちについて。
個人的に好きなものを並べてみたいと思う。

面白いのは、PVの中でサッカーとビール、BMWが頻繁に出てくるトコロ。ドイツっぽい。街の様子とかも出てきたりするので、生活感を少し感じるのにも良いかも。。(PVだからだいたい誇張されてるだろうけど。。)

なお、下記はすべて個人的な感想なのであくまで参考で。。


1.POP-MUSIK
1)Sportfreunde Stiller
ドイツでも圧倒的な人気を誇るバンド。授業中にも何度か紹介された。メロディが聴きやすくて良い!
"Appraut Appraut"が2013年に相当売れたらしく、かなり良い!


2)Adel Tawil
お気に入り上位の歌手。 "Lieder"は歌詞がPVに出てくるので聞き取りの勉強になるかも。

3)Andreas Bourani
ドイツで人気の男性歌手。特に下の"auf uns"はラジオでも良く流れている曲。2014年前半の人気曲。


4)Tim Bendzko
数々の賞を受賞しているシンガーソングライター。お洒落感の高い音楽で、心地いい気分にさせてくれる。結構頻繁に聞いているアーティストの一人。あと、ドイツ語が聞き取りやすいので、聴き取り練習にもいいかも。
"Nur Noch Kurz Die Welt Retten"や"Wenn Worte meine Sprache waren"などカッコ良い曲が多い。

5)Die Toten Hosen
ボーカルの年齢から言うと結構ベテラン??

6)wise guys
5人組のアカペラグループ。曲調はドイツの民族音楽の系統も少しみられる。
"Es ist nicht immer leicht"はドイツ文法の「過去分詞(Partizip )」と「接続法(Konjunktiv)」が散りばめられている曲。
個人的には下のPVを早く理解できるようになりたいなぁと。


7)Oonagh
女性がメインボーカール。ドイツのメロディでは無いような気もするが、世界観が大きくて、映画音楽系の曲が多い。

8)Gestort aber Geil
心地いいテンポと声の持ち主の男性デュオ。
"Ich & Du" とか "Unter Meiner Haut"とか良い曲たくさん!
2016年現時点で一番聴いているかも。テンポが好き。

9) Alex Diehl
クラシックギターを操る男性シンガーソングライター。言っちゃあ悪いけど、、、見た目からは想像できないほど、繊細なメロディーと心に残る声。メロディもすばらしい。
どれも素敵な曲だけど、、"Weitergehen" とか "In meiner Seele" とかがお気に入り。

などなど。(随時追加予定)


2.DANCE-MUSIK
1)Casper (Hip-Hop)
センスを感じたヒップホッパー。最初に聴いた時良い意味で何か引っかかるものを感じた歌手。
"So perfekt"がお気に入り。


2)Sido (Hip-Hop)
"Liebe" "Einer dieser Stein”はラジオでも良く聴く曲。

3)Kollegah & Majoe
ガッツリなダンスミュージック。LMFAOのドイツ版みたいな??
その中で "Von Salat schrumpft der Bizeps" はドイツ(バイエルン?)の民謡とヒップホップを合わせたなかなか面白い曲。なぜBMWの前で歌っているのかは不明、、などなどツッコミどころ満載のコミカルなPV。。

4)Finger & Kadel
男女のグループ。ガッツリなダンスミュージック。ライブが楽しそう…。。
ドイツテクノ関連のトレンドをあらわしているのではないだろうか。
LMFAO、Prodigy、好きにおすすめ。(個人的にテクノ・エレクトロ好きなのでド・ストライク。)

5)Samy Deluxe (Lap、Hip-Hop)
"Perlen vor die Säue"のラップが聴き取れるようになりたい…。

などなどなど、、


3.YouTube検索方法
検索する時によく使っているワードとリンクをご紹介。

1)ドイツでの人気曲
・ 「deutsch pops
・ 「Best German Songs
検索結果を見ていると、年代別のまとめもあったりするので色々聞いてみると楽しい。ちなみに2016年度版でよく聞いているのはこちら。どんどんいい人が出てきていて楽しい。ただし、この検索結果だと、英語歌詞の曲もかなり入ってくるのでご注意を。


2)歌詞付きのドイツ音楽を聴く
・ 「Lyriks deutsch musik
・ 「deutsch musik mit Lyrics」 ドイツ語勉強には最高かも。


3)ドイツではやっているダンスミュージック
・ 「deutsch diskothek」。


4)ドイツのJazzやFunkなど
・ 「German Jazz, Disco, Funk & Soul 」 かなり個人的趣味の領域。時々こういった曲調もうれしい。


5)ビールがテーマの曲
オクトーバーフェストだけでなく、ドイツのお祭りなどでは、大きなビアガーデンでバンドが出たりする。その時にこの辺のビール曲が流れて盛り上がったりする。知っている曲が流れると嬉しいもの。なにより、PVがかなーーりドイツっぽくて、PVだけでも見る価値あり。
・ 「Lustig Lieder zum Bier」 ビールをテーマにした曲たち。結構なロックバンドも入ってたりして面白い。


6)サッカーがテーマの曲
ビールと来たらサッカーも。。
・ 「Fussball lieder」 いろんなチームの曲だったり、国をお応援する曲だったり。結構有名なバンドも歌っている。
・ 「WM SONGS 2014」 ワールドカップ関連の曲たち


7)ドイツ人がみんな知ってる音楽
つまり、過去にヒットチャートをにぎわした曲たち。または、世界的に有名だとドイツ人が考えている曲たち。
・ 「Lieder, die jeder kennt」 結構日本でも知られている洋楽が多い。ほとんど英語だったりするけど、ドイツでの感性も知っておくのもいいかな、と。


8)バイエルンの曲
やっぱり、、ドイツと言えばバイエルン。結構コミカルなものが多い。ミュンヘンのオクトーバーフェストなどではこの辺の曲が流れることもあるのかも???
・ 「Bayerische Lieder」 ライブPVなどで笑いが起きている理由がわかるようになるまではまだまだかかりそうだ…。。


9)Disneyの音楽
なじみのある聴きやすい曲が多いので、楽しく聞けるかも。
・ 「Let it go や アラジンなどなど
・ 「Disney filme musik deutsch


10)キリスト関連の曲
たまーーーに、こういった曲も耳にするので、、個人的にはあまり興味は無いけど。。
・ 「Christliche Lieder in Deutsch 」 歌詞付きなので実は結構勉強にも良かったりして…



結構、POPミュージックはゆったりな曲が多いので、日本人には馴染みやすい気がする。
カバーして日本人が歌ったら売れるんじゃない?って思うものもいくつか。
まだまだまだまだ良い曲はたくさんありそうなのでしばらく浸ってみたいと思う。

日本ではまず聴くことが無いドイツPOPミュージック。息抜きに流してみはいかがでしょう?

Viel Spaβ