0001Romantisch Strasse-fussen

ヴュルツブルグから始まるロマンティック街道の終着点「Füssen : フュッセン」へ。同じバイエルン州なので、もちろん"バイエルンチケット"にて。(チケットの有効エリア及び購入方法はこちらを参照。)


なお、その他のロマンティック街道サイクリングについてはこちらを参照。
ロマンティック街道サイクリング 1 ローテンブルグへ その1
ロマンティック街道サイクリング 2 ローテンブルグへ その2
ロマンティック街道サイクリング 3 Rothenburg〜Dinkelsbuehl
ロマンティック街道サイクリング 4 Dinkelsbuehl〜Donauwoerth
ロマンティック街道サイクリング 5 Donauwoerth〜Landsberg
ロマンティック街道サイクリング 6(最終回) Landsberg 〜 Fuessen


000300040005

通常のルートでは、Würzburg Hbf - Treuchtlingen - Augsburg Hbf - Buchloe - Füssen となる。Füssenに近付くと、草原が広がり、写真のような風景が広がる。2枚目は到着直前。中央山の麓にノイシュバンシュタイン城が見える(走行方向左側の窓より)。3枚目は小ぢんまりとしたFüssenの駅。

<<スパルタ 観光モデルコース>>
0002

今回の旅では、名所を周りながらのトレイルランニングを実行。(10年前の個人旅行でノイシュバンシュタイン城、ホーエンシュバンガウ城の中は見たので、今回は城には入らない。)フュッセンの街のHOSTEL(下記参照)に宿泊。フュッセン市内からレヒ(Lech)川沿いを少し走り、展望台(正式には展望台では無いが。)まで山登り。そこからシュバン湖(Schwansee)へ下り、アルプ湖(Alpsee)を通ってノイシュバンシュタイン城(マリエン橋:Marienbrücke)へ。そこから、テーゲル山(Tegelberg)のロープウェイへ行き、テーゲル山山頂へ。その後、シュバンガウ(Schwangau)の街を抜けて、フォルクゲン湖(Folggensee)へ。そこから湖沿いをフュッセンへ戻る約20km程走るルート。(あくまでスパルタコースなので…普段から走っている人に是非参考にしてもらいたい。)


1.フュッセン〜展望台(教会?)へ
000600070008

レヒ川は青緑色に輝く川で、水は綺麗だが透明度は白濁しているため無い。フュッセンの街中を抜けるとすぐに自然が出迎えてくれる。レヒ川を渡って、対岸の山登りへ。この道は途中に10個以上もの小さな教会が並んでいる。神聖な道なんだろう。

000900100011

頂上にも小さな教会が有り、十字架がたっている。ココからの景色が素晴らしい。アルプス側は岩肌の山々とその麓にはノイシュバンシュタイン城やホーエンシュバンガウ城が見える。フュッセンの街側は、オレンジ色の建物と共に、奥に広がる田園風景が一望できる。


2.湖を眺めながらノイシュバンシュタイン・マリエン橋へ
00120013

山を下ったところにあるのがシュバン湖。非常に透明度が高く、水温は高め。湖岸には泳ぐために階段が付いており、地元の人が気持ちよく泳いでいた。水着を持ってこなかったことを後悔したのは言うまでもない。さらに一山越えるとアルプ湖へ。大きな湖でこちらの透明度もすばらしい。白鳥も泳いでおり、白鳥の湖を連想させる。こちらも泳ぐことが可能。

001400150016

左手にホーエンシュバンガウ城を眺めながら、ノイシュバンシュタイン城へ登って行く。近づくと時々木々の間から城が顔を出す。城の正面まで来たら、写真の黄色矢印の様に、城の右側へ周りこんでいく。しばらく道なりに登ると、そこがマリエン橋である。

0017

マリエン橋からの景色は何も言う事は無い。とにかくとにかく美しい。。。ちなみに、ドイツの天気は朝方の方が天気が良い。ちなみにこの写真は8時半。(7月)


3.ロープウェイでテーゲルベルグ山へ
00180019

さらに、ノイシュバンシュタイン城がきれいに見えるポイント"ロープウェイ"へ。ノイシュバンシュタインから麓をひた走る事30分ほど。ロープウェイは、往復で€19.00。やや高いが価値は十分あると感じる。2枚目がお目当ての風景。ノイシュバンシュタイン城、ホーエンシュバンガウ城、アルプ湖が一緒に見えて美しい。

IMG_0349_16000020

ここはパラグライダーなどのスポーツが盛んな場所で、ドイツ側に高い山が全くないため、かなり気持ちよさそうに飛び立っていた。

002300210022

山頂駅からテーゲルベルグ山頂(1760m)を目指す。山頂近くは道が狭く、滑りやすい上に、断崖になっているので、靴はしっかりしたものを履いていないと山頂までは厳しい。(途中、ワイヤーにつかまりながら登る箇所もあり。)ヨーロッパの山の多くは、山頂に十字架が建っている。2枚目はドイツ側。フォルクゲン湖が見えている。湖の左がフュッセン、手前がシュバンガウの街である。3枚目はアルプス(オーストリア)側。そのうちこの奥に入って行ってみたいものである。


4.シュバンガウの街を通りフォルクゲン湖沿いにフュッセンへ
00240025

テーゲルベルグを後にしてシュバンガウの街へ。途中、草原の中に建つ教会は"聖コロマン教会"。そのロケーションとかわいらしさで人気とのこと。

00260027

フォルクゲン湖はレヒ川の水が流れ込んでいるため、少し乳白色がかった水になっている。そのため、水の反射がきれいで、鏡のようである。湖沿いを進み、レヒ川を越えるとフュッセン。レヒ川の色が太陽に反射してすごいことに。。温泉みたい…。。すべてが反射されてとても神秘的。


5.Füssenの街並み
004200340035

昼から夕方にかけて多くの観光客でにぎわうメインストリート。少し街の中に入っていくと、静かな住宅街があり散歩が非常に気持ちよい。

0033IMG_0091_16000043

少し高台に建つフュッセン城。このお城、出窓などの装飾のほとんどが"だまし絵"になっている不思議な作りをしている。城の中は、、、塔の展望台を含め、それほどの見どころは無い。。夜はライトアップされて城が浮かび上がる。

003000310032

フュッセン博物館へ。この地は、弦楽器が古くから作られており、バイオリンやリュートで有名な所らしい。また、内部には装飾の美しい部屋がいくつもあり、中でも3枚目の"図書館"はかなりかわいらしい作りをしていて興味深かった。

0037Romantischstrasse Ende

そしてこれが、ロマンティック街道終着点の証。立派な門が、、、と言いたいが、非常にわかりにくい所にある上に、民家の目の前でごみ箱や自転車が。。。うーーん。。ちょっと消化不良…。それ程重要視されていない、ということなのだろう。。まぁ、ヴュルツブルグに住む人間としては一応目標達成である。


6.FüssenのHOSTEL
0044IMG_0092_16000028

"LA HOUSE"のCity Hostel。HPはこちら。写真は6 Bed Room。二段ベッドでは無いのが良い所。€18.00/泊〜。アパートメントもあり、様々なタイプの部屋がある。建物や造りはやや古く狭いが、普通の綺麗さは保たれている。観光地なだけあって、結構人気のHostelの様である。


5.Füssenのレストラン
003600390040

イタリアン"イル ペスカトーレ"。かなりうまい。イタリア人オーナーのお店。素材もイタリアから取り寄せているとか。海鮮系もパスタも極上。量も多いので大満足。地元でも有名店のため、夜は予約をしておいた方が良いかも。場所はこちら。HPはこちら



以上、さすがのフュッセン。さすがのノイシュバンシュタイン。かなりボリュームのある日記になってしまった。世界的な観光地ながら自然も大いに味わうことができるここはドイツ一番のお勧めかも。また違う季節にも行ってみたいところだ。


なお、ロマンティック街道サイクリングについてはこちらを参照。
ロマンティック街道サイクリング 1 ローテンブルグへ その1
ロマンティック街道サイクリング 2 ローテンブルグへ その2
ロマンティック街道サイクリング 3 Rothenburg〜Dinkelsbuehl
ロマンティック街道サイクリング 4 Dinkelsbuehl〜Donauwoerth
ロマンティック街道サイクリング 5 Donauwoerth〜Landsberg
ロマンティック街道サイクリング 6(最終回) Landsberg 〜 Fuessen