ロマンチック街道サイクリング。ヴュルツブルグ〜ローテンブルグ その2。
その1の続きからローテンブルグまでと、さらにローテンブルグからヴュルツブルグまでの帰路をご紹介。

なお、その他のロマンティック街道サイクリングについてはこちらを参照。
ロマンティック街道サイクリング 1 ローテンブルグへ その1
ロマンティック街道サイクリング 3 Rothenburg〜Dinkelsbuehl
ロマンティック街道サイクリング 4 Dinkelsbuehl〜Donauwoerth
ロマンティック街道サイクリング 5 Donauwoerth〜Landsberg
ロマンティック街道サイクリング 6(最終回) Landsberg 〜 Fuessen


6.Röttingen:ルッティンゲン
Weikersheimから10km程進むと城壁に囲まれた可愛らしい街"Röttingen"に到着する。
07-0207-0307-04

今も城壁が周囲を囲むこういった街は、旧市街に入るとタイムスリップしているような気分になれて本当に心地よい。自転車で小道をぐるぐると周ってみたくなる街である。

07-0507-0607-07

この街は、いくつかの塔が周囲を囲んでいて、それを観てまわるのもおもしろい。1枚目の塔は、なんだか笑っているように見えてしまう。。

07-08

フランケンワインの産地でもある"Röttingen"。こちらは思わずジャケ買いしてしまったもの。やっぱり、顔に見えてしまう。。Kabinett(早摘み)を購入したのでフルーティさよりは酸味が勝ってさっぱりとしていて、旅の疲れを大いに癒してくれた。(もちろん、Hotelにて。。)


7.Creglingen:クレグリンゲン
さらに10km程進むと、"Creglingen"に到着する。
08-0108-03

時には舗装されていない道路も出てくる。ロードバイクは要注意である。

08-0208-0408-05

"Creglingen"の街並みも中世の雰囲気が色濃く残っている。平地が少ないため、階段が多く、自転車を降りて小道を歩いてみるのも楽しい。

そして、この街に来たら必ず行っておきたいのが"Herrgottskirche:ヘルゴット教会"
08-1108-0708-06

タウバー川から山側に1km程上っていくと左手に見えてくるのが"Herrgottskirche"。教会自体はひっそりと佇んでいる。

08-0908-0808-10

ここに飾られているのが、歴史的な彫刻家"Riemenschneider:リーメンシュナイダー"の代表作である、「Marien-Altar:マリエン アルター」(1枚目)。リーメンシュナイダーはヴュルツブルグに工房を構えて、市長にもなったことがあり、ヴュルツブルグに住んでいると、何度か耳にする名前でもある。ローテンブルグの教会にもにもリーメンシュナイダー作の祭壇が飾られており、その繊細な彫刻は思わず息をのんでしまう程美しい。


8.Rothenburg o.d.T.:ローテンブルグへ
"Creglingen"を過ぎると、あとは小さな街が点在するのみで、景色を、その自然を感じながら20km強の道のりを進んでいくことになる。
09-0109-0210-01

川の緑も空も美しく、自然と足にも力が入ってくる。看板にも"Rothenburg"の表示が多くなり、期待が大きくなる。ちなみに、看板の下に色んなマークが付いているが、これらはすべて自転車道の表示。ロマンティック街道だけではなく、ワインを味わいながら周るルートやマウンテンバイク用のルートなど、実に様々な自転車道が整備されている。これらの情報は、Tourist Imformation(WeikersheimやBad Mergentheimなど)で冊子を手に入れることができる。

10-0210-0310-04

タウバー川沿いの自転車道は、マイン川の自転車道と違って、割と起伏があることに注意が必要。時には押して登るような坂道もある。が、川の流れが緩やかな通り、全体を通しての起伏はすくない。途中、"Achshofen:アーハスホーフェン"などの集落を通過していく。

10-0510-0610-07

ひたすら自然の中を突き進んでいく。昼前から夕方にかけては、時折、サイクリングの人たちともすれ違ったりもするが、それほど多くはない。

10-0810-09

1枚目:突如、山の上に建物が見え始めてくる。ここまで来ると"Rothenburg"はすぐそばである。そして、ついに"Rothenburg o.d.T."の麓に到着。川沿いにも、水道橋などの見どころがあるので、街に登って行く前に観ておきたい。なお、ローテンブルグについてはこちらに詳しく書いているのでここでは割愛する。


9.RothenburgからWürzburgへ(帰路)
帰りは、なるべく直線的に帰るため、"Ochsenfurt:オコゼンフルト"を目指すことにした。
11-0111-0211-05

帰路はとにかく畑、畑、畑。ドイツはホントに平地が広くて、食料自給率が高いのもうなずける。

11-0411-0311-07

途中の村にて、、多くの屋根にソーラーパネルが付いているなぁ、と思ったら、「ソーラーブンデスリーガ」ってのがあるようで。。さすが、いろんな電力を推奨している国なだけある。。

11-0811-0911-10

モリモリとした林が連なっていると、川沿いの証。Rothenburgから50km程。ようやくマイン川へ。

11-1111-12

"Ochsenfurt"にて一休み。この街及び、マイン川サイクリングについてはこちら参照。"Ochsenfurt"からは残り20km、ようやく帰宅である。


10.宿泊について
サイクリングロード沿いには、ペンションやレストラン併設の宿泊施設が結構多くあり、部屋が開いているかどうかの表示がかかっていることが多い。こっちの人は飛び込みで宿を決めることも多いそう。
今回は、事前にネットで予約をしてペンションに宿泊した。お世話になったのは、"Creglingen"を少し過ぎた辺りにある「Rosen & Ferienhaus Metzger」。
09-0309-0409-05

庭には数々のバラが植えてあり、裏手は山になっている気持ちの良いロケーション。犬や猫、ウサギなども庭で飼われていた。
09-0609-0709-08

かんたんな朝食付きで1人で€27とかなりお手頃価格。Rothenburug周辺は値段も上がるが、Tauber川沿いのこのエリアは、どこも結構お手頃な価格で泊まれるのがうれしい所。部屋も綺麗で、今までで最もコストパフォーマンスが高かった印象である。


以上が、ロマンティック街道サイクリングのローテンブルグまで。
(なお、サイクリングは5月下中に行ったもので、一部の写真は9月のモノも含まれています。)
ローテンブルグから先は以下リンクを参照。

その他のロマンティック街道サイクリングについて。
ロマンティック街道サイクリング 1 ローテンブルグへ その1
ロマンティック街道サイクリング 3 Rothenburg〜Dinkelsbuehl
ロマンティック街道サイクリング 4 Dinkelsbuehl〜Donauwoerth
ロマンティック街道サイクリング 5 Donauwoerth〜Landsberg
ロマンティック街道サイクリング 6(最終回) Landsberg 〜 Fuessen