(2015年3月 一部更新)

IMG_6346_1600

9月末に免許申請(その1はこちら。)を行って1.5ヶ月ほど。ようやく免許を手にする日がやってきた。


1.免許引取りの通知はがき受領
9月末の申請の際、「早ければ3週間ほど」で通知のはがきが届く、と聞いていたが、実際は6週間を要した。少し不安になっていたトコロだったので一安心。
IMG_6333_1600IMG_6332_1600

はがきには免許を引取りに "Führerscheinstelle Haus2 No.412" まで来るように、と書かれている。


2.受取り時の必要書類
上のはがきでは、必要書類のところは斜線がひいてあるが、以下書類を持って行く必要がある。
免許受領書類_1600

1)申請時に受取った申請書類のコピー(上写真)
2)通知はがき(1.写真)


3.Führerscheinstelleにて免許受領
申請時と同じく、Führerscheinstelleへ出向く。(予約の必要は無い。)
IMG_6348_1600IMG_6349_1600

木曜日の午後だが、人は少なく待ち時間は5分ほど。

受取の流れ
必要書類の提示
受取り確認書(?)にサイン
免許証についての説明(説明書類1枚受領)

以上15分ほど。ついに免許とご対面。


4.免許について
IMG_6357_1600IMG_6358_1600

たいした手続きでは無かったが、実際に手にすると喜びが込み上げてくる。有効期限が2029年となっており、確かに15年間有効である。スバラシイ。。

裏には乗ることのできる車両について書かれており、その分類は日本に比べて細かい。乗れる範囲を見てみると、、ほぼ日本の免許と同等の様である。(日本の普通免許では、トラックは8tまで乗ることができるので、若干異なるが。)

1) AM : 原付バイク(〜50cc)
2) B : 一般乗用車
3) C1 : トラック (〜7.5t、乗客9人まで、牽引750kgまで)
4) L : 特殊車両 (小型トラクターなど)

詳しい車両の分類記号"EU Führerscheinklassen"についてはこちらで内容を確認することができる。

なお、免許の裏左下に、「01,70」と書かれており、免許に対する制限を意味している。(一緒に受領した書類に説明あり。)
IMG_6361_1600


・ 01 : 眼鏡もしくはコンタクト使用の制限を示す。
・ 70 : 日本の免許が基準になっていることを示す。

以上で免許取得は終了。これでEU内は運転し放題!!次は車ゲットを目指そう。。。アウトバーンを自分の車で自由に走り回る日もそう遠くない。


5.日本の免許証返却
2015年2月17日、ミュンヘンの領事館から免許証返却のメールを受領したので、指定通り、依頼書・返却用封筒を送付。
menkyo-Henkan 01menkyo-Henkan 03


受取方法は、郵送を選択したので、数日後、ポストにDHL不在届が。その後、無事に日本の免許を受け取り。封筒に受領書が入っており、必要事項を記入して、領事館へ返送して完了。
menkyo-Henkan 02


ドイツ免許の申請が9月末なので、5か月弱で日本の免許が戻ってきたことになる。だいたい、半年と聞いていたので、少し早い印象(それでも十分遅いけど。。)。
これで、日本に帰った時も気兼ねなく運転することが可能!!