ライン川サイクリングの第1弾。2014年7月に、古城が並ぶことで有名なライン川の川下りルートをサイクリングして、支流であるマイン川に入ったところにあるフランクフルトまで。

その1はケルン〜コブレンツ。その2はコブレンツ〜フランクフルト。


1.道のり
Rheinradtour 01Rhein Radtour 02

スイスからドイツとフランスの国境を流れて北上し、ドイツの北西部を通過してオランダのアムステルダム辺りで海に流れこむライン川。今回は、ケルン:Köln まで電車で移動し、マインツまでライン川沿いに進み、そこから支流であるマイン川に入り、フランクフルトを目指す、全行程350kmほどの道のり。


2.ケルン : Köln (地図  
ケルンについてはこちらを参照。
IMG_0211_1600IMG_0128_1600

ケルンを出発してライン川を上流へ向かってひた走る。

IMG_0228_1600IMG_0233_1600IMG_0238_1600

ケルン周辺は工業地帯があって。工場が散らばっているエリア。マイン川自転車道:Mainradwegは赤い標識が目印。この目印を見ながらまずはボンを目指す。


3.ボン : Bonn (地図 ◆
IMG_0339_1600IMG_0337_1600IMG_0239_1600

ケルンから35kmほど。元々西ドイツの首都だったボン。石造りの建物が並ぶ中心街が印象的。宮殿や教会などなど。

IMG_0331_1600IMG_0335_1600IMG_0330_1600

ボンと言えば、ベートーベンの街。中心部にあるベートーベンの生家(ベートーベンハウス)。保存された部屋の中を周りながら、生涯を肌で感じることができるところが面白い。音楽には詳しくない素人だけど、こういった有名な音楽家と触れ合う機会が多いヨーロッパにいるからか、いずれは、きちんとオーケストラを聴いてみたいと思う今日この頃。

IMG_0279_1600IMG_0289_1600IMG_0276_1600

国立歴史博物館:Haus der Gesichte der BR Deutschland。東西ドイツの歴史が数多くの展示物を見ながら学べる博物館で、言葉が読めなくても楽しむことができた。結構広いので、じっくり見ていると半日くらいかかるかも。。おすすめ。HPはこちら。場所はこちら

IMG_0342_1600IMG_0347_1600IMG_0350_1600

ちょうど、ワールドカップの準々決勝が行われていて、街中のほぼすべてのレストランには特設のテレビが設置されており、試合開始時にはどのお店も大賑わい。点が入るたびに街中からものすごい歓声が聞こえてきた。さすがサッカーの国、ドイツ。試合に勝ったこともあって、試合後は、クラクションを鳴らしながら走り回る車や、歌を歌うグループ、国旗をもって走り回る人々。。。そしてそれを笑顔で監視する警察官。。。サッカーで勝った日はドイツ人は優しくなるみたい。。。

IMG_0326_1600

ボンに1泊。宿泊したのは"Max Hostel"。場所はこちら。まぁまぁ普通に綺麗なホステル。


4.バード ゴーデスベルグ : Bad Godesberg (地図 )
IMG_0302_1600IMG_0309_1600IMG_0313_1600

ボンから7km程の所にあるBad Godesberg。ボンから街が続いているので、他の街に来た、と言う印象は無いが。。山に建つのは、ゴーデス城:Godesburg。塔の頂上に登ることが出来、周囲を見渡すことができる。写真はボンの方向。

IMG_0361_1600IMG_0363_1600IMG_0381_1600

川沿いには教会があったり、しばらく進むと街もどんどん閑散として来て、山の上には古城が見えてくる。この先がまさにライン川の姿が楽しめる蛇行エリア。


5.オーバーヴィンター : Oberwinter (地図 ぁ
IMG_0399_1600IMG_0398_1600IMG_0401_1600

バード ゴーデスベルグから9km程の所にあるオーバーヴィンター。小さな小さな街だが、木組みの家があったりして少し雰囲気のある街。


6.レマーゲン:Remagen (地図 ァ
IMG_0406_1600IMG_0411_1600IMG_0415_1600

オーバーヴィンターから5km程進んだところにある街、レマーゲン。道中には教会が多く並んでいる。形も色々。教会の形で、宗派や年代がわかるようなので、そう言った知識があるともっと楽しめるんだろうなぁ。

IMG_0419_1600IMG_0422_1600IMG_0424_1600

街は小さな街で賑わっているわけではないけど、静かな落ち着ける街。

IMG_0412_1600IMG_0413_1600

ルドルフ カラツィオラ:Rudolf Caracciolaは戦前から戦後にかけて、ドイツの自動車レース界でチャンピオンに君臨した人で、大事故の後に復活するなど、ドイツでは伝説的なレーサー。そのカラツィオラが生まれた街、ということでいくつかモニュメントが街中にある。ルドルフ カラツィオラについてはこちら(wikipedia)。

IMG_0430_1600IMG_0433

こちらがレマーゲン橋"ルーデンドルフ橋"の橋脚。
第二次大戦の終盤、ライン川西部を制圧していた連合軍は、ライン川を越えて、ベルリンを目指していた。その時に、ライン川にかかる最後の橋であったのがこのレマーゲン橋。ドイツ攻略の重要なポイントでもあり、その後映画にもなっている有名な場所。wikipediaはこちら
2枚目写真の橋脚部には、平和記念館がある。

IMG_0436_1600IMG_0456_1600

次の街へ向かう途中。だんだん古城が多くなってきて気持ちも高ぶってくる。

7.クリップ : Kripp (地図 ァ
IMG_0446_1600IMG_0447_1600

レマーゲンの隣町、Kripp。 ここも街としては小さいけど、綺麗な街並みだったのでご紹介。少しここで一休み。

IMG_0457_1600IMG_0458_1600IMG_0460_1600

次の街に進む途中。Bad Breisigにあるメルヘンワールド:Märchenworld の看板。おとぎ話を素にした小さなテーマパーク。ミュンヘン郊外に大きなメルヘンワールドがあるらしいが、こちらはあまり有名ではなさそう。今回は素通り。


8.アンダーナッハ : Andernach (地図 Α
IMG_0487_1600IMG_0489_1600IMG_0494_1600

Krippから17km程の所にある城壁の残る街、アンダーナッハ:Andernach。城壁の周りに塔や門のある趣のある街。なかなか素敵。

IMG_0501_1600

次の目的地はコブレンツ。


9.コブレンツ : Koblenz (地図 А
IMG_0513_1600IMG_0544_1600

アンダーナッハから21km程進むと見えてくるのが、コブレンツのシンボルでもある、ドイツ帝国初代皇帝ヴィルヘルム1世の騎馬像。この場所は、ライン川にモーゼル川が注ぎ込む場所で、「ドイツの角 : Deutsches Eck」と呼ばれる。度々洪水が発生している場所でもあるらしい。

IMG_0556_1600IMG_0598_1600IMG_0534_1600

コブレンツの旧市街は、石造りの建物が多く並び、大きな教会も点在している。いかにもドイツの街といった感じだろうか。

IMG_0545_1600IMG_0552_1600IMG_0551_1600

ライン川の対岸に見える丘。そしてその上に建つエーレンブライトシュタイン要塞:Festung Ehrenbreitstein はコブレンツのもう一つのシンボル。そこへはゴンドラで向かうことが出来る。

IMG_0648_1600IMG_0650_1600IMG_0635_1600

エーレンブライトシュタイン要塞。公園になっていて、とても気持ちの良い場所。かなり大きな建物と敷地で、当時どのような雰囲気だったのか、、想像もつかない。。ちなみに、要塞内にユースホステルがあるので、若者にはお勧めかも。。

IMG_0644_1600IMG_0645_1600IMG_0647_1600

もちろん展望はばっちり。コブレンツの全景やライン川の蛇行の様子も見ることが出来、とても気持ちが良い。

IMG_0669_1600IMG_0664_1600IMG_0689_1600

エーレンブライトシュタイン要塞の麓にある「Adriastube」に宿泊。HPはこちら。場所はこちら。レストランもあるので、夜にご飯を食べることも可能。アットホームなスタッフでとても居心地のいいホテルだった。歩きだと少し遠いけど、、静かな場所にあって結構おすすめのホテル。


2日目まで終了。ライン川の川下りで有名なローレライはもう少し。3日目、4日目はその2へ。