(「その1」からの続き)
IMG_6951_160010000059_1600

無事に仕事をゲットしたので、次はいよいよ就労ビザの申請。

就職に関する話はこちらも参照。





1.必要書類
1) 労働契約書 : Arbeitsvertrag … 会社が作成する資料。仮(サイン無し)でも可
2) 採用証明書 : Einstellbestätigung … 会社が作成する資料。採用することを約束する資料で、これがかなり重要。どんな職種として採用して、どんなことをやるかが書かれているもの。ここで日本人が必要であることをしっかりと明記しておいてもらうと比較的スムーズに審査が通る(可能性が高い)。逆にこれが無いと、審査時に問い合わせがくると思われる。
3) 申請用紙 : Zustimmungsanfrage … LandratamtのHP(こちら)からダウンロードが可能(こちら)。
4) ビザ延長申請書 : Antrag … 事前に必要事項を記入し、住んでいる区役所で確認のサインをしてもらう必要がある。役所のHPからダウンロードが可能。こちらの「Auslanderwesen, Staatsangehorigkeitsrecht, Namensanderungen」のところにある「Antrag auf Erteilung/Verlangerung der Aufenthaltserlaubnis」。
5) パスポート
6) 現在の滞在許可証 : Aufenthaltstitel
7) 滞在許可証の付随証 : Zusatzblatt zum Aufenthaltstitel
8) 手数料 … 100€
7)、8)は受取時のみ必要。


2.提出へ
IMG_6952_1600IMG_6953_1600

3月9日、いつもの外人局へ(場所などの情報はこちら)。必要書類を持って窓口へ。WürzburgのLandratamtはそれほど混みあうことも無いので、予約無しで突入。が、「4) ビザ延長申請書(Antrag)」をすっかりと忘れていたため、フォーマットをもらって一度退散。併せて「3) 申請用紙」のフォーマットも受領。

<「3) 申請用紙」の記入方法>
AntragのフォーマットはLandratamtのHP(こちら)からもダウンロードが可能(こちら)。その中の以下の3ページを記入する。
Shinsei 01Shinsei 02Shinsei 03


<「4) ビザ延長申請書」の記入方法>
フォーマットを市役所でもらうかこちらの「Auslanderwesen, Staatsangehorigkeitsrecht, Namensanderungen」のところにある「Antrag auf Erteilung/Verlangerung der Aufenthaltserlaubnis」をダウンロード。


週が明けて3月11日。Gerbrunnの区役所で申請書類のチェックをしてもらい、無事にサインをもらった上で、外人局へ再突入。前回の時点で、申請書類以外はチェックしてもらっていたのですんなりと受け取ってもらい、申請は終了。Münchenの機関で審査された後、スムーズにいけば、発行は3月末〜4月頭とのこと。

なお、手元のビザの有効期限は3月31日であったため、ビザ取得が間に合わなかったらどうなるか聞いてみた所、、「申請は済んでるから何の問題も無い。」とのこと。4月1日以降に警官にチェックされた時のために、一言書いた書類が欲しい、と言ってみたが、、「無くてもまったく問題なし。心配しなくていい。」とのことだった。ただ、気になる一言も。「もし、ビザがおりなかったらすぐに日本に帰らなきゃいけないね。」と。

そこからの数週間、、いや1か月半?は未来の事が全く見えず、なんだか間接的に拷問されている様な時間だった。


3.経過
1) 申請1回目 : 書類不適連絡の受領
ひとまず申請が済めばあとは待つだけなので少し気が楽になった。とは言え、もし出なかったらどうしよう、、と何度考えてしまったか。いずれにしても3月末に語学学校(C1)のテストが迫っていたので、ひとまずビザの事はなるべく忘れて、勉強に集中することにした。

そして、3月27日、役所からの手紙が。
予想外に早い発行でよかった!と思って封筒を開けてみると、、提出した労働契約書では認められない、との通知。記載されている賃金が規定と合っていない、とのこと。。これがその手紙。
Vollzug 01


2) 申請2回目 : 再提出
この件を会社側に伝え、会社の担当者に外人局の担当者と電話で調整をしてもらった。その後、3月31日、再度修正された雇用契約書及び申請書を再提出。

語学学校も終わり、借りていたWGの解約通知を大家に提出がすみ、着々とビザ以外の引越準備を行う。その後、申請から2週間程なんの連絡も無く、発行されるのかどうかで非常に不安な時期を過ごすことに。いつ役所に呼ばれるかもわからなかったので、遠出も出来ず、軽い拷問に合っている様な気分に。

3) ビザ発行の確定 及び 発行の延期
4月14日、気になったので外人局を訪れると、丁度Münchenから連絡がきたところで、ビザの発行が無事に行われることが明確に。しかし、意味不明な理由により、発行が4月末〜5月頭までおくれるとのこと。意味不明な理由と言うのが、「Studium”学業”期間の問題で、発行までに1か月ほどかかる。」とのこと。そもそも学生ではないのでStudiumは関係ない。そのことを伝えると、なんとなぜか”学生”として役所に登録されていたことが発覚。完全に役所側のミスなのだが、、発行されるのであればそれでいいと考え、馬鹿正直に待つことにした。(語力的にややこしい説明を避けてしまっただけだが。。) 

引越しを4月末と決めていたこともあり、ビザの発行時期を早められないか聞いたところ、今日手数料を支払えば郵送でビザのカード:Kärtchenを送ってくれるとのことで、ここで手数料の100€を支払い。
Einzahlquittung 01

支払い方法は「ヴュルツブルグの滞在許可(ビザ)申請 その2」を参照。

あとは引越しをして家で待つのみ!

4) ビザの受領
4月末に会社のあるKirchheim unter Teckへ引越し。(引越しの様子は別途アップ予定) 新たな住まいでビザを待ち続けて5月第2週になったころ、あまりに遅いのでメールにて外人局へ連絡したところ、、、なんと「すでにカードは手元にあるから直接取りに来い。郵送は出来ない。」との返信が。。。申請時の担当者は郵送で、と言っていたのに。。。。正直、開いた口がふさがらなかった。ってか、カードが来てるなら連絡くれよ、と。。

という事で、5月18日、ビザを受け取るため(だけ)にヴュルツブルグへ。そして、古い「6) 滞在許可証」と「7) 滞在許可証の付随証」を渡して、あっさりとビザのカードを受領。
Arbeitsvisum 01Zusatzblatt 01

いやーーー、長かった。。そして見てみると、ビザの有効期限は4月8日〜となっている。。。そんなに早くに発行が確定されていたの??なんだそりゃ。。。なんで発行が遅れたのか、なんで郵送が出来なかったのか、などなど、、不信感が募るばかりだが、それよりも何よりも、兎にも角にも、ビザが受領出来たので良しとしよう。とにかくカードも手に入ったのでようやく終了!


4.受領までの日程
結局、申請してから手元にカードが来るまで2か月半。紆余曲折あった受領までの道のりは以下の通り。
3月9日 申請1回目(書類不足)
3月11日 申請1回目(申請)
3月27日 資料不備の指摘(Vollzug受領)
3月31日 申請2回目(申請)
4月14日 ビザ発行手数料支払い(ビザが発行がなぜか遅れることが発覚。と共に発行されることを確信)
5月18日 ビザのカード受領



他の方のブログを見ていると、ビザの発行で遅れたり、担当者によって対応がいい加減だったり、と書いてあることがあるが、今回は見事にドイツの洗礼を受ける形となってしまった。とは言え、色々とドイツ語で説明しなければいけないことも多かったので、ある意味いい勉強になった。次のビザ申請は1年後。次はもっとしゃべれるようになっているはずなので、もっとスムーズに進むはず。。。

そんなこんなで、ビザを無事に手に入れて、ドイツ生活2年目がようやく始まった。