2019年5月 一部更新

10003874_160010004041_160010003765_1600

2015年春、ドイツ国内で一番行ってみたかった街をようやく訪れることができた。芸術の街のイメージが強い街、ドレスデンへ。ヴュルツブルグからはバス(Meinfernbus)で5時間40分(直行)ほど。バスについてはこちら参照。

エルベ川上流のピルニッツ宮殿とザクセンのスイスについてはこちらを参照
北中央ドイツ周遊 2018 その2 〜 ベルリン郊外の強制収容所、ザクセンのスイス

10003761_160010004030_1600

ドレスデンは旧東ドイツという事もあるし、歴史を見ても南ドイツとは全く異なる文化のため、街並みを見て感じるのがとても楽しみでバスの中でワクワクを抑えるのが大変だった。結果から言うと、観光地化がかなり進んでいることもあって少し綺麗すぎる部分もあったが、思ったほど観光客は多くなく、特にノイシュタットの街並みやエルベ川沿いの景色は南ドイツのそれとは大きく異なるもので、期待通りの綺麗な街だった。と共に、ドイツにはまだまだ知らない街は星の数ほどあるなぁ、、と改めて実感した。


1.地図と観光ルート
Dresden Stadtplan 0110003824_1600

ドレスデン中央駅(Hbf)の北側に広がる街。大きく分けると旧市街(Altstadt)と新市街(Neustadt)に分かれていて、観光の目玉のほとんどは旧市街にまとまっているので、観光がしやすい街。大きすぎず小さすぎず。旧市街の建物だけ見てまわるのであれば、半日でも足りるけど、1日滞在して新市街や川沿いも歩いてみたいところ。ちなみに、新市街と言っても、新しく作られてた街と言う意味では無く、むしろ旧市街より古くからあるとのこと。詳しい話はwikipediaへ。

1) 旧市街のおすすめルート
は、結構見どころが固まっているし、ここであえて示すほどの特徴あるルートにはならないので、、割愛。。。ネットで落ちていた地図を拝借…。
dresden altstadt map


2) 新市街のおすすめルート
個人的に楽しかった新市街とエルベ川を周るルートを1つ。と言っても、有名どころを周るルートだけど。。
Dresden Stadtplan 02



2.見ドコロ
1) Altstadt : 旧市街
全景 : 聖母(フラウエン)教会(Frauenkirche)展望台からの展望
10004183_1600

中央駅方面。左の塔は市役所(Rathaus)。右の塔の奥に見える白い屋根が中央駅(かな?)。手前すぐ下が、Neumarkt(マルクト広場)。だいたい、駅から歩いて20分ほど。

10004180_160010004177_1600

エルベ川沿いの景色。左が上流方面(東)で、見にくいが3本目の橋が、この地域の世界遺産が取り消しになる原因となったワルトシュレスヘン橋。個人的には景観を損ねているようには見えないけど。。その先ずっと行くとピルニッツ宮殿があるらしい。今回は時間の関係で行けず。。(ピルニッツ宮殿についてはこちらのブログ参照。)
右の写真が下流方面(西)で左の塔がドレスデン城(Residenzschloss)、中央が大聖堂(Katholische Hofkirche)、その奥にオペラ劇場であるゼンパーオーパー(Semperoper)。右の橋はアウグストゥス橋。
旧市街については、この聖母教会を中心に半径300m(?)くらいに全てが集まっているので非常に周りやすい。


聖母(フラウエン)教会:Frauenkirche
10003846_160010003835_160010004184_1600

ドレスデンと言ったらこの教会。とも言われ、戦後瓦礫のままだったが、2005年に復元されたそう。可能な限り元の位置に瓦礫を当て込み、足りないところは新しい石が使われているため、外観がまだらになっている。この復元は「ヨーロッパ最大のジグソーパズル」とも言われているとか。そう思って見ると本当に大変な作業だっただろうなぁ、と感心させられる。

10004166_160010003848_1600

教会の展望台へ。入り口が6か所?くらいあるうちの1つが展望台の扉。写真の様な看板がたってるのでわかりやすい。お値段は8€。

10004169_160010004167_160010004182_1600

基本構成はオリジナルを踏襲していると言うので、この構造を昔の人が考えたことを感心してしまう。途中、教会の中が見下ろせるところも。展望台へ登ると、3枚目写真のような状況。教会の大きさが良くわかる。


ドレスデン城と大聖堂:Residenzschloss und Katholische Hofkirche
10004066_160010003926_1600

左写真の右手前が大聖堂、左奥がドレスデン城。本当に絵になる佇まい。。

10004146_160010004151_1600

左がドレスデン城に入った中の様子。右は、第二次大戦を生き抜いたマイセンの陶器で作られた壁画「君主たちの行列」。じっくり見ていると、本当に細かい職人技でとても綺麗。

10003874_160010003895_1600

夕時の大聖堂。また言うけど、、絵になるなぁ。。

10004160_1600

城にある塔:Hausmannsturmにも登ることができる。屋根の付いた中庭にチケット売り場があるので、そこで購入。美術館のチケットもこちら。結構な収蔵品があるらしいが今回はパス。外観的に、展望台はフラウエン教会の方が大きく良さそうだが。。


ツヴィンガー宮殿とゼンパーオーパー : Zwinger und Semperoper
10004204_160010004207_1600

ツヴィンガー宮殿。中に入ると庭が広がっていて、気持ちが良い。周囲は一部お堀の様になっていて、周囲を歩く人も多かった。

10004157_160010003913_1600

オペラ劇場として、結構有名らしい。中を周るツアーもやっているらしいが、今回は時間の関係で参加できず。


エルベ川対岸からの景色
10004137_160010003954_1600

晴天だったこともあり、川辺にはたくさんの人。こういった川沿いの街って本当に美しい。。

10004007_1600

そしてこちらが夜景。対岸まで歩くと10〜15分ほどかかり、さらに川辺は真っ暗だけど、息をのむ美しさなのでお勧め。(撮影場所は、上の「新市街のおすすめルート」地図の星印。)


その他
10003812_160010003825_1600

教会や市役所などなど。大きな建物が多く、いかに昔発展していたかが体感出来る。しかし、、これらが戦後に復元されたものとは、、。。

10003807_160010003920_1600

ドレスデンの路面電車(トラム)は黄色。時々古い車両も走っていて、景観にかなりマッチしていた。


2) Neustadt : 新市街
1-2)の地図に沿って。まずはアウグストゥス橋から。
アウグストゥス橋を渡って新市街へ
10004062_1600

外観は雰囲気たっぷりだけど、橋の上がイマイチ整備されておらず少し残念。
10004073_160010004075_1600

橋を越えて新市街の中心部を目指す。しばらくは公園の様な作りになっていてお店が並んでいて、道幅も広く、とても気持ちが良い。(左写真) しばらく歩くと、いよいよ新市街の中心部へ。


クンストホーフ パッサージュ:Kunsthofpassage 場所はこちら(google map)
10004079_160010004099_1600

到着したのは、クンストホーフパッサージュ。このエリアはアートなクリエイターが多く活動しているらしく、その中でもここがもっとも有名な場所。クリエイターのお店が並んでいる。が、本日は日曜日。おかげで人も少ないけど、、残念。

10004082_160010004084_1600

外観が変わったお店があったり、可愛い装飾がなされていたり。。見るだけでも結構楽しめた。

10004104_1600

そばにあったカラフルな家。なんとなく、新市街はこんなイメージ。

歴史的な牛乳屋さん : Dresdner Molkerei 場所はこちら(google map)
10004107_1600

見た目は普通な、古くからある牛乳屋さん。しかし、中がすごい。。
お店の中は撮影禁止。なので、ネットから拝借。。
Dresden Pfund Molkerei

もっと写真を見て観たい人はこちら(google 写真検索)。
お店の外観からは想像もつかない内装。。観光地化してしまっていて、店員も写真を撮らないよう目を光らせているので、イマイチ居心地は良くないが、、一見の価値あり!!


エルベ川沿いを歩く
10004117_160010004123_1600

牛乳屋を離れ、川沿いへ。最高の天気。旧市街の方向へ気持ちよく歩く歩く。ここでジョギングできるエリアに住めたら最高だなぁ、なんてことを考えながら。。

10004121_160010004135_1600

途中に見えてくる宮殿のような建物。これは、役所として使われているらしい。

10004128_1600

川沿いを20分ほど歩くと、旧市街の辺りへ。新市街はこんなところだろうか。


3) その他
10004041_160010004037_1600

旧東ドイツなので、もちろん信号はアンぺルマン!何度見ても可愛い。たまーに女の子のバージョンもあって信号が楽しくなる。

3.食べドコロ
アウグストゥス橋を渡って新市街方面へ少し歩いたところにあるブロワリー「Watzke」にて。場所はこちら(google map)。
10003967_160010003966_1600

ビールが美味しかったし、みんなわいわい賑やかで雰囲気が良かった。チキンの丸焼きの半身とサラダも頂いたが、なかなか美味!


まだまだ見るところは郊外にも多くあるようだが、一日半の滞在では、このくらいだろう。予想をしっかりと超えた美しさのある街、ドレスデン。街の中心部は、やや観光地化されてしまっているが、全体的に清潔な街だし、人々も暖かみがあってとても気に入った。クリスマスマーケットが有名なので、そのことろにまた来れたらいいなぁ。

旅としては、この後、北へ登り、ハンザ都市の横断へ。
ハンザ都市めぐり その1 -Rostock, Warnemuende, Wismar-
ハンザ都市めぐり その2 -Luebeck,Hamburg,Bremen-
ルール工業地帯散策 〜 Essen, Bochum 〜


4.訪問記録
1回目 : 2015年4月 バスにて。
2回目 : 2018年10月 レンタカーにて(ピルニッツ宮殿、ザクセンのスイス