Tuebingen 05_1600Tuebingen 07_1600

Kirchheim (Teck)からNecker川に沿って35km程上った所にある大学都市"Tübingen:テュービンゲン"。街並みが可愛いということでサイクリングがてら訪問。
なお、KirchheimからStuttgartのサイクリングはこちら(Neckar川サイクリングとゼクト発祥の地:エスリンゲン)参照。


1.サイクリング道のり
Necker 2 map 01

Kirchheim(Teck)からNürtingenへ。そこからNecker川沿いにTübingenまで走るルート。なお、Neckar川はライン川の支流で、StuttgartやHeilbronn:ハイルブロン、Heidelberg:ハイデルベルグそばを通ってMannheimでライン川に合流している。


2.途中の街並み
Nürtingen : ニュルティンゲン
10000707_160010000714_160010000716_1600

ひと丘越えてNürtingenへ。

10000725_160010000720_1600

丘に広がる小さい街ながら、古い街並みもあってなかなかいい雰囲気の田舎町。2枚目の場所の雰囲気はなかなか素敵。

Neckarhausen : ネッカーハウゼン
10000729_160010000736_1600

ネッカー川沿いを少し走ってNeckarhausenへ。ちなみに、この辺りのNeckar川沿いの自転車道は舗装されていない。。マイン川沿いの方が走りやすいなぁ。。

10000744_160010000746_1600

対岸に見える街並みに木組みの塔が目立つ教会が気になり少し立ち寄ってみた。特に何がある街と言うわけではなく、静かな小さな田舎町。

Nekertenzlingen : ネッカーテンツリンゲン
10000752_160010000763_1600

Neckar川を7km程走る。この辺りは湖が点在。ビアガーデンがあったり、散歩道があったり。

10000769_160010000770_1600

木組みの家が少し並ぶ街。パン屋で小休憩。

Mittelstadt : ミッテルシュタット
10000772_160010000774_1600

さらに4km程進んだところにあるMittelstadt。直訳すると"中央町"。。。小さな町だけど。。

10000776_1600

街の入り口にある旧水車小屋。今はレストランとホテルになっている。HPはこちら

Tübingen : テュービンゲンへ
10000788_160010000792_1600

所々に建つ木組みの家を眺めながら16km程。平坦な道が続く。

10000798_1600

そして、目的地のTübingenに到着。街を見ながら走ったこともあるけど3時間程のサイクリング。


3.Tübingenの位置と地図
Tuebingen map 01_1600

Stutgartの南30km、Necker(ネッカー)川沿いに位置している大学都市Tübingen。電車だと、IREで40分ほど、REでも1時間程で到着。ドイツ鉄道の検索ページはこちら

街の南20km程の所に、ドイツ三大城の一つであり、第一次大戦前にドイツを統一していたホーエンツォレルン家の居城"Burg Hohenzollern:ホーエンツォレルン城"があり、このTübingenから電車で向かう。(別途アップ予定)

Tuebingen map 02_1600Tuebingen map 03_1600

旧市街はそれほど大きくない。今回は右の地図のように歩いてみたので、その番号に沿って以下に書いていこうと思う。


4.街の様子
細かく歩き回っても半日で観光が可能。山に囲まれているため、街中は割と坂が多く、その分見晴らしの良い場所も多い。
Tuebingen 01_1600Tuebingen 02_1600

まずは中央駅からAltstadt:旧市街を目指して歩いていく。

Tuebingen 04_1600Tuebingen 03_1600

川の中州は公園になっていて、木々が気持ちよい。川の奥には高台に建つ城や教会などが見える。

Tuebingen 05_1600

Neckarbrücke:ネッカー橋からはカラフルな建物が見えてなかなか美しい。天気の良い時に来たかった…。。

Tuebingen 11_1600Tuebingen 10_1600Tuebingen 09_1600

少し歩いていくと、街の中心部に建つ聖ゲオルク教会(地図 砲らマルクト広場(地図)へと続くエリアへ。

Tuebingen 07_1600Tuebingen 08_1600

マルクト広場の木組みの家が並ぶ雰囲気はなかなか素敵。

Tuebingen 12_1600

聖ゲオルク教会そばにはノーベル文学賞の作家ヘルマン・ヘッセが若い時期に仕事をしていた本屋があり、ヘッセ記念館となっている。(地図 

Tuebingen 13_1600Tuebingen 14_1600Tuebingen 15_1600

山を登っていった所に建っているのが"Schloss Hohentübingen:ホーエンテュービンゲン城"。(地図◆

Tuebingen 16_1600Tuebingen 18_1600

Tuebingen 19_1600Tuebingen 20_1600

街並みが一望でき、その奥には大学が見え、大学病院の建物が見えている。と言うことで、建築的にも面白そうなので大学病院(地図ぁ砲悄

Tuebingen 22_1600

地図ぁ3絞造澆鮓ながらのんびり歩いて30分ほど。綺麗なレンガ造りの歴史感たっぷりな建物。こういった建物はジッと見入ってしまう。。

Tuebingen 23_1600

病院の正面からは、市内が一望でき、奥には先ほどいた"Schloss Hohentübingen"。


Tuebingenはここからがお勧めポイント。個人的に街並みが好きなこともあるが、大学病院とSchloss Hoentübingenの間のエリア(地図ァ砲肋さな路地が入り組んでいて、なかなか雰囲気のあるポイント。最初は電車までの時間つぶし程度の気持ちだったが、どんどん奥へ、路地へ引き込まれてしまった。
Tuebingen 24_1600Tuebingen 25_1600

ドイツの古い建物は、上階が飛び出しているものが多い。軒下に滑車を付けて、荷物を運び入れるためとも聞いたことはあるけど、まっすぐの家も多いのでどうなのか…。。まぁ、見る分には面白いので良しとしよう。2枚目はかなり立派な木組みの建物。

Tuebingen 27_1600Tuebingen 26_1600Tuebingen 28_1600

木の組み方がかなり複雑で思わず写真を。日本家屋も繊細だが、ドイツも負けていない。が、3枚目のような斜めに組み合わさった建物を見ると、木を組む段階では結構ラフに自然のままで組み、完成形でまっすぐに持っていくのかもなぁ、とも思ったり。

Tuebingen 29_1600Tuebingen 31_1600Tuebingen 33_1600

街の奥に入っていくと益々コアな雰囲気に。3枚目のクリアランスは素晴らしいけど、後から建てた方は建てにくかったんじゃなかろうか。。

Tuebingen 34_1600Tuebingen 35_1600

そして最後はビールを飲んでTübingen終了。ちなみにここ"Wurstküche"は料理もおいしかった。

Tuebingen 36_1600

歩き回ったし、飲みたかったし、帰りは電車にて。


大学都市と言うこともあって、賑やかさもある街で、雑貨屋もちょこちょこあって、住むと面白そうな街だな、と感じた。その反面、旧市街の住宅エリアは細く入り組んだ道があって、閑静な雰囲気が印象的だった。街歩きが好きな人にとっては、なかなか良い街だと思う。Hohenzollern城の乗換えだけではなくて、街も半日はかけて歩き回って見てはいかがでしょう。