10003522_160010003564_1600

自分の中で、ドイツっぽい家と言えば、、「Fachwerkhaus : 木組みの家」である。ソレとの出会いは、大学の卒業旅行で見たニュルンベルグやバンベルグの街並みだったような気がする。
10003259_1600IMG_0775_1600

Nürnberg : ニュルンベルグのカイザーブルグなど。(街の様子はこちら)。

0010IMG_0011IMG_

Bamberg : バンベルグのお城と内部。(街の様子はこちら。)


元々、建物や街並みを見てまわるのが好きであり、何でもない街角を曲がった時に、えも言えない景色が広がっている時のワクワク感と言うのは、旅をした人にしかわからないものだとも思っている。今回ドイツに来てから、結構多くの場所を周ってきたけど、そしてたくさんの素晴らしい街並みを見てきたけど、やっぱり一番好きな景色は木組みの家が並ぶ街並み、そして木組みのデザインだと感じている。

10005012_160010005052_1600

「木組みの家」は、ドイツ語では"Fachwerkhaus"と言い、ドイツやその周辺国に多く残っている建物である。

14世紀ごろからこういった建物が南ドイツを中心に現れ、15〜16世紀にかけて盛んに建造された。現在ドイツには250万戸以上の木組みの家が残っており、近年、保存の動きが活発化し、その一環として1990年にドイツの北から南まで、木組みの家が特に多く残る街、約100か所をつないで全長約2800kmに及ぶ「木組みの家街道:Fachwerkstraβe」なるものが作られた。らしい。

これは、、、、行くっきゃない!
(実際の所、大きな都市や元々有名な街を避けて街道が設定されている様な気がするので、多少、、いや結構商業的な香りもするけれども、、、でも小さな街を訪れるいい情報であることには間違いないので良しとしよう。)

なお、パンフレットはこちら(PDF ダウンロード)もしくはこちら(PDF ダウンロード)。


1.街道マップ(ドイツ全土)
Fachwerkstrasse 00-00

ドイツ全土に及ぶため、なかなか一枚の写真ではわかりにくい。なので、以下に地域ごとに分けて表示してみることにする。


2.街道マップ(地域別)
1) 北ドイツ
このエリアは大都市(ハンブルグやブレーメン)しか行ったことが無いので、次に行くときはこの辺の小さい街を目的に訪れてみたい。そして、北ドイツの田舎街を味わってみたいもの。
特に、北ドイツの"Fachwerkhaus : 木組みの家"は南部のソレとも構造が違うところがポイント。南ドイツの構造は、下の写真にあるように、結構複雑であることが多く、強度面では関係のない装飾も多い。しかし、北ドイツの構造は比較的シンプルなものが多く、縦横の梁と柱でのみ構成されていたりする。
Lostock 01_1600warnemuende 01_1600

左がRostock、右がWarnemünde の建物。(街の様子はこちら。)

Luebeck_1600Bremen01_1600

左がLübeck、右がBremenの建物。(街の様子はこちら。)

こういったシンプルな木組みの家は、これはこれで可愛いし、さらに小さな家が多いので、もっとたくさん並んでいる街を見つけたい。そんな街が,筬△粒稿傘茲い砲っとあるんだろう。。(詳細は、いずれ訪れるので、その時のお楽しみ、という事で。。。)

Hamburg:ハンブルグ 〜 Hannover : ハノーファー 西側 ルート
Fachwerkstrasse 01-00Fachwerkstrasse 01-01

北ドイツの西寄りルート。我ながら右の地図バージョンの方がわかりやすいな…。。(自己満足)

北ドイツ : Hamburg:ハンブルグ 〜 Hannover : ハノーファー 東側 ルート
Fachwerkstrasse 02-00Fachwerkstrasse 02-01

北ドイツの中央寄りルート。


2) 中央ドイツ
ざっくりと"中央ドイツ"と言うくくりにしてしまっているが、、このエリアは、南の細かい細工が施されたFachwerkhausもあれば、北ドイツで見られるシンプルなものもあり、入り混じっている。
Rhens 02_1600Rhens 01_1600

ライン川沿い、Koblenzのそばにある"Rhens"の建物。(街の様子はこちら。)

Bacharach 01_1600Bacharach 02_1600

こちらもライン川沿い、川下りとワインで有名な Rüdesheim : リューデスハイム の近く "Bacharach : バッヒャラッハ" の建物。(街の様子はこちら。)

Frankfurt_1600

そしてFrankfurtの有名なレーマー広場。

北ドイツに比べると細かい構造になっていることが良くわかる。そして、斜めの梁も多くみられ、さらに、梁の形に細工がなされていたり、明らかに構造的には必要のない飾り構造も見て取れる。この辺は南の影響だろう。

中央ドイツ北部 : Göppingen : グッピンゲン 〜 Erfurt : エアフルト ルート
Fachwerkstrasse 03-00Fachwerkstrasse 03-01


中央ドイツ北部 : Hannover : ハノーファー 〜 Frankfurt am Main : フランクフルト ルート
Fachwerkstrasse 04-00Fachwerkstrasse 04-01


中央ドイツ西部 : Frankfurt am Main : フランクフルト北西部 ルート
Fachwerkstrasse 05-00Fachwerkstrasse 05-01


中央ドイツ南部 : Frankfurt am Main : フランクフルト南部 ルート
Fachwerkstrasse 06-01Fachwerkstrasse 06-02


(なお、赤枠の街は訪れたことのある場所。後日改めてアップ予定。)


3) 南ドイツ
南ドイツはとにかくFachwerkhausが多くみられる。この街道沿いにしかないわけでは無い。ミュンヘン方面にも、ライン川の流れる西側に行ってもたくさんのFachwerkhausを見ることが出来る。とにかく複雑な模様が多く、かつ家の規模も大きいものが多い。個人的には、こういった南のFachwerkhauが好みである。
Esslingen 22Esslingen 11

Stuttgart近郊の街"Esslingen : エスリンゲン"にて。もはやデザインの一つとなっていて、曲線の形状も多くみられる。

Kirchheim01Kirchheim03_1600

半年ほど住んでいた"Kirchheim unter Teck : キルヒハイム(テック)"にて。南部の街では、市役所や教会も木組み構造になっていることが多い。左は市役所。(街の様子はこちら。)

Tuebingen 18_1600Tuebingen 25_1600

Stuttgartの南部に位置する街、Tübingenにて。1枚目はお城だが、ここにも木組み構造が使われていて、石造りとうまくマッチングさせている。また、2枚目の様に、かなり大型のFachwerkhausも結構見られる。(街の様子はこちら。)

Tuebingen 27_1600

(Tübingenにて。)力学的な意味がきっとあるんだろうが、接合部がかなり複雑に入り組んでいるのも、南ドイツに時々見られる構造の一つ。


南ドイツ : Heidelberg : ハイデルベルグ 〜 Bodensee : ボーデン湖 ルート
Fachwerkstrasse 07-01

Fachwerkstrasse 07-02Fachwerkstrasse 07-03


なお、赤枠の街は訪れたことのある場所。街の様子は以下参照
Fachwerkstraβe 木組みの家街道 : 南ドイツ その1
Fachwerkstraβe 木組みの家街道 : 南ドイツ その2


まだまだ行ったことのない街が多く、時間を見つけて少しずつ制覇していきたいと思う。あんまり連続で見ても飽きちゃうので、、ほどほどにしながら。。だいぶ時間はかかりそうな分、ドイツの街並み探索がまだしばらく楽しめそうである。