10003436_160010003679_160010003486_1600

大好きな "Fachwerkhaus : 木組みの家" をたくさん見ることができる街を紹介。

"Fachwerkstraβe : 木組みの家街道" に関するページ
ドイツの伝統家屋「Fachwerkhaus:木組みの家」 と 街道
Fachwerkstrasse 木組みの家街道 : 南ドイツ その2

Fachwerkstrasse 07-01Fachwerkstrasse map 001

"南ドイツ その1" では、Stuttgart 近郊の8都市について。ちなみに、"木組みの家街道" と言う名前がついているが、街を結んだだけなので、街道のとなり街へスムーズに行くことが出来ない(電車を何度も乗り継がないといけない)ことも多い。街によっては駅から離れていることもあるので、車で訪れるのがベストな街もある。

その2の最後に、"お勧め街ランキング(8都市の中から)" を載せているので、途中で見飽きた人はそちらへどうぞ。

ちなみに、各街ごとに書いてある評価(星の数)は、あくまで自分で感じた超個人的なものである。もちろん、すべての路地を歩いたわけでも、Fachwerkhausの数を数えたわけでもないし、正直、訪れた時の天気にも左右されている部分もある。その点を踏まえて読んで頂きたい。なお、自分の中で「理想的なFachwerkhausの街」と言うのは、「踏み込んだ時に一気にその雰囲気に浸れて、程よいローカル感があること。そして何より、Fachwerkhausのシンプルな格好良さ、が体感できる街」である。(要は直感ってことで。。。)


1.Bietigheim : ビーティヒハイム
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★★☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★☆☆☆
・ お勧め度 : ★★☆☆☆

Stuttgartからヴュルツブルグやハイデルベルグに行く際(ハイルブロン行)に通るネッカー川の支流エンツ川沿いの街"Bietigheim"。
00-200

Googe Mapはこちら。StuttgartからS-Bahn(近距離鉄道)で25分、Regional Bahn(都市間鉄道)で18分ほどにある"Bietigheim-Bissingen Bahnhof : ビーティヒハイム ・ ビッシンゲン駅" で下車。(DBの検索サイトはこちら)降りるとすぐに住宅が広がる中、"Historische Altstadt" という看板に沿って歩いていく。そこそこの速さで歩いてだいたい20分程はかかるだろうか。

0305

途中、エンツ川にかかる鉄橋が有名で、1850年ごろにかけられたものらしい。今でも現役で、普通に電車が通過していく。この橋についてはこちら(wikipedia)を参照。を越えて行く。この時は、雨上がりでかなり趣のある雰囲気。

0707-2

旧市街に到着すると迎えてくれるのが塔。ここも、昔は壁に囲まれた街だったらしい。こういった塔をくぐって街中に入っていく瞬間が本当に心地よい。

1013

旧市街には、Fachwerkhaus:木組みの家 が散在していて、あてもなく路地を歩き回るのが楽しい。

1415

1枚目の写真は、どう見たらそう見えるのかわからないが、、、昔のお城である。今は音楽の学校として使われていた。

1617

路地の中で雰囲気の特に好きだった2か所。旧市街は大きくはないので、細かく歩き回っても1時間もかからない。川沿いにはのんびりした公園が広がっているし商店街もあるので、疲れたらカフェでひと休みするなり、パンを買ってFachwerkhausを見ながら休憩なり、のんびり楽しめる街である。


2.Markgröningen : マルクグレーニンゲン
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★★☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★★☆
・ お勧め度 : ★★★★☆

Stuttgart近郊の街 "Markgröningen" 。 電車が通っていないので、電車とバスを乗り継いでいかなくてはいけない。が、なかなか面白い街である。
0010003415_1600-2

Google map はこちら。StuttgartからS-Bahnに乗り18分、"Asperg : アスペルグ" 下車。そこからバスに乗って10分弱ほどで旧市街の端に到着する。2枚目地図を見ると、旧市街が一目瞭然の形。昔は丸く壁でかこまれていたらしい。この地図の点線が散策ルート。ここではその中でも雰囲気の良かった ↓◆↓を紹介してみたい。

10003412_160010003469_1600

地図の,△燭蝓この大きなFachwerkhausは今は図書館として使われている。ドイツの公共施設は、こういった古い建物を改築して使われていることが本当に多い。日本のガラス張り建物も快適でいいけど、こういった保存の考え方は本当にうらやましい。そしてこの建物の裏路地なんかはかなり雰囲気に浸れる静かでいい所だった(2枚目)。

10003436_160010003431_1600

地図の△△燭蝓3垢涼羶瓦任△襯泪襯ト広場。赤い大きな建物は現役の "Rathaus:市役所" 。日曜日の早い時間だったので、閑散としているけど、Fachwerkhausに囲まれた静かな空間はとても心地よい場所だった。

10003446_160010003443_1600

地図のあたり。たぶんこの街で唯一残っている塔。塔と一体になって右に続く建物は学校として使われている。

10003449_160010003453_1600

の辺りには雰囲気の良い路地が多い。あてもなくグルグル歩いてしまう。

10003454_160010003456_1600

1枚目はFachwerkhausの面白い改築の仕方。あえて、骨組みを外に残し、中にはガラス張りの部屋が見える。うーーん、こんな家にいつか住みたい。。。

旧市街がそこそこ大きく静かな路地が入り組んでいるので、1時間くらいは雰囲気に浸ることができる。なかな好きな街だった。


3.Marbach : マールバッハ
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★☆☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★★☆
・ お勧め度 : ★★★★☆

ネッカー川沿いの山(?)の上にある街"Marbach"。旧市街は結構坂が多い。壁が今でも残っていて、趣のある街。旧市街の中は、住宅も並んでいて、生活感も感じる事が出来る。そんな中にFachwerkhausが点在しており、なかなか満足度の高い街である。
0010003549_1600-2

StuttgartからMarbachまではS-Bahnで30分弱。2枚目地図で見ると、右上進んだところに駅がある。壁のほとんどが今でも残る旧市街。

10003552_160010003601_1600

上の街の地図で赤丸の位置辺りはこのような壁が並んでいる。なかなか重厚な雰囲気が漂う。

10003610_160010003606_1600

壁沿いに歩いていくと、2枚目の様な旧市街へ入っていく門がいくつもある。門から見え隠れする旧市街、、、好きなポイントの一つ。

10003558_160010003560_1600

この街はマルクト広場が無く、その代わりにマルクト通りがある。きっと、昔はこの道沿いにたくさんの屋台が並び、色々なものが売られていたんだろう。今でもFachwerkhausが多く並び、当時の雰囲気を感じる事ができる。

10003563_160010003564_1600

こちらもマルクト広場。2枚目はマルクト通りの突き当りにあったちょっと変わった配色のFachwerkhaus。水色と言うか緑と言うか。。絶妙なところをついている。。

10003580_160010003571_160010003582_1600

そのマルクト通りの入り口にそびえるのがこの街のシンボルでもある塔。横から見ると(3枚目)結構独特な形をしていることがわかる。

10003590_160010003586_1600

そして、この街を語るうえで外せないのが、フリードリッヒ・フォン・シラー。ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表者で詩人である。wikipediaはこちら。シラーの生家がMarbachに残されており、ミュージアムになっている。1枚目に写っている3軒のFachwerkhausのうち、一番右がシラーの生家。

10003588_1600

坂の続く旧市街。

10003567_160010003597_1600

路地を歩き回ると、色んなタイプのFachwerkhausに出会える。

思っていた以上に趣がある街並みで、壁が残っているところも高得点。かなり印象に残る素敵な街だった。


4.Backnang : バクナング
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★☆☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★☆☆☆
・ お勧め度 : ★★☆☆☆

ネッカー川の支流ムル川のほとりにある街 "Backnang"。ドイツ語読みだと"バクナン"。元々壁に囲まれていた街で、11世紀ごろから街として発展を始め、要塞もあったのだそう。
00-200

Google mapはこちら。StuttgartからS-Bahnで32分。駅から旧市街は少し離れている。

0103

川沿いは公園になっており、壁も一部残っている。

0506

一枚目は元々、要塞のお城だった場所で、18世紀の建物は、現在は裁判所として使われている。

0708

マルクト広場にはFachwerkhausが並ぶ。一番右の大きな建物は"Rathaus:市役所"で、18世紀の建築。

09

商店街も、Fachwerkhausを改築した建物となっている。

それほど密集したFachwerkhausは無いし、新しい建物も結構あるので、それほどの感動は無い街かも。。


5.Waiblingen : ヴァイプリンゲン
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★★☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★☆☆
・ お勧め度 : ★★★☆☆

Stuttgartからほど近い街 "Waiblingen"。
00-20001

Google map はこちら。StuttgartからRegional BahnもしくはS-Bahnで10分ちょっとで到着。駅から旧市街までは少し離れているので、のんびり散歩。ここも、地図で見ると旧市街の形がはっきりと読み取ることが出来る。元々壁で囲まれた街で、川沿いを中心に壁が残っており、壁の上を一部歩くことも出来る(3枚目地図の赤いライン)。

10003482_1600

川側から街に向かうと迎えてくれる塔。上の地図の(9)の地点。

10003486_160010003488_1600

塔をくぐって旧市街へ。中央のマルクト広場を目指す。早速Fackwerkhausが出迎えてくれる街並み。なかなか素敵な雰囲気である。

10003501_160010003503_1600

いつも思うが、Fachwerkhausの保存状態は良いものが多く、普通に使われている家ばかり。色とりどりの壁と木の色、このマッチングがなんとも心をくすぐるわけである。

10003489_160010003494_1600

そしてマルクト広場へ。ちいさな広場だが、"Rathaus : 市役所" を中心になかなかいい雰囲気。

10003516_160010003518_1600

路地に入ってみても多くのFachwerkhausが見られるWaiblingen。歩いていてとても心地いい。しっかし、青空と赤いFachwerkhausって本当に素敵。

10003510_160010003533_1600

教会の塔は上の部分も木組みになっている。そして、城壁の上を散歩。

10003532_160010003538_1600

城壁は一部家をくぐる様な所もあり、、もはや壁の役割を果たしていないが、これも時代を感じる一部分。細い道が最初に見た塔まで続いていく。

とてものどかな旧市街で、Fachwerkhausの密集具合もなかなかのもの。様々な色、タイプの家々があり、なかなか良い街だった。


6.Schorndorf : ショーンドルフ
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★★★★
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★★☆
・ お勧め度 : ★★★★☆

ネッカー川の支流であるレムス川沿いの街、"Schorndorf"。 駅前にはショッピングセンターがあり、大きな駐車場もある。旧市街はすぐそばで、駅のそばではそれほどの雰囲気を感じない。
00-200

Google mapはこちら。StuttgartからRegional BahnかS-Bahnで来ることが出来る。REでだいたい22分ほど。駅前にAltstadtが広がるので、散策しやすいロケーションである。

10003708_160010003673_1600

少し旧市街の中へ入っていくと早速 "Fachwerkhaus" が迎えてくれる。路地に入ると、その雰囲気はさらに深まり、色んなタイプの建物を見ることが出来る。

10003679_160010003698_1600

1枚目写真の路地なんかは最高の雰囲気。Fachwerkhausによくある、曲がった建物もチラホラ。

10003690_160010003701_1600

そしてマルクト広場へ。ここの雰囲気には正直圧倒された。そこそこ広い広場を多くの "Fachwerkhaus" が取り囲む。正直、これほどだとは思っていなかったので、鳥肌が立ってしまった。しばし立ち尽くして雰囲気にのまれてみる。

10003711_160010003695_1600

道が割と広く取ってあり、ゆったりとした街の造りになっている。中心部にある教会も、街の色んな所から見え隠れする。Fachwerkhausとのコラボもなかなか美しい。

10003697_160010003706_1600

2枚目写真はごくごく一部だけ残る昔の城壁。そこそこ大きな旧市街だし、、路地にもたくさんのFachwerkhausがあるので、色々のんびり見てまわるにいは1時間程は見ておいた方が良い。

想像をはるかに超える密集したFachwerkhausがあり、かなり雰囲気を感じる事が出来るトコロだった。かなりお勧めの街である。


7.Esslingen am Neckar : エスリンゲン アム ネッカー
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★☆☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★☆☆
・ お勧め度 : ★★★☆☆

Esslingen 05_1600Esslingen 06_1600

街の様子についてはこちら(Neckar川サイクリングとゼクト発祥の地:エスリンゲン)参照。

Fachwerkhausの数はそれほど多くは無いし、それほど密集していない。ただ、街としては見どころが多いし、要塞跡もあるので、散歩にはなかなかちょうどいい街である。


8.Kirchheim unter Teck : キルヒハイム ウンター テック
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★★★☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★★☆
・ お勧め度 : ★★★★☆

半年ほど住んでいた町。
01-0102-06

街の様子についてはこちら(バーデン ヴュルテンベルグ州 Kirchheim unter Teck)参照。

Fachwerkhausが結構密集していて、なかなか素敵な雰囲気を持つ街である。一度訪れてみても良い街だと思う。


続きは、"Fachwerkstrasse 木組みの家街道 : 南ドイツ その2" へ。