Fachwerkstraβe : 木組みの家街道 その2。その1(こちら)からの続き。
10005012_160010005052_160010003900_1600



Fachwerkstrasse 07-01Fachwerkstrasse map 002

Stuttgartから南、ボーデン湖までに点在する街々へ。まだ半分くらいしか訪れることが出来ていないので、今後も南を訪れる機会には是非立ち寄ってみたい。ひとまず、現段階では4つの街をご紹介。

"Fachwerkstraβe : 木組みの家街道" に関するページ
ドイツの伝統家屋「Fachwerkhaus:木組みの家」 と 街道
Fachwerkstrasse 木組みの家街道 : 南ドイツ その1


9.Bad Urach : バード ウーラッハ
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★★★☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★☆☆
・ お勧め度 : ★★★☆☆

Bad Urach 0010004961_1600

Stuttgartから電車で1時間ちょい。Reutlingenにほど近い街、"Bad Urach”。旧市街が保護されている街で、木組みの家が点在している。

10004964_160010004966_1600

街の中心、マルクト広場。ここには市役所を始め、木組みの家が密集していて、包み込まれる感覚は、なかなかのもの。

10004993_160010004981_1600

1枚目は、"Residenzschloss : お城"。小さいけど、中庭に回って見ても、なかなか面白い造りをしている建物。木組みとの融合が美しい。2枚目は昔の療養所の一部。現在は学校(小学校?)の一部として使われている様子。どこの街でもそうだけど、古い建物を使い続ける文化はドイツの良い所の一つだといつも思う。

10005005_160010005008_1600

歩き回っている中で、色合いと木の組み方が面白くて気になった建物。どちらの建物もシンプルさの中に温かみを感じる。

10004953_160010004979_1600

1枚目は街外れにある塔。石と木組みの融合。2枚目は、黄色と白のコントラストが印象に残った建物。綺麗にメンテナンスされていて、近くで見ても美しかった。

10005016_160010005012_1600

そして、この街で一番気に入った建物。この2枚目の絶妙な曲がり具合。。。感動ものである。。


10.Herrenberg : ヘレンベルグ
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★★☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★☆☆☆
・ お勧め度 : ★★☆☆☆

Herrenberg 00

StuttgartからS-Bahnにて40分弱。旧市街は小さいけど、S-Bahn沿いなので、住宅が広がっている。

10003897_160010003894_1600

Herrenbergはとにかくマルクト広場。

10003900_160010003904_1600

こちらもマルクト広場。様々な色の木組みの家が並んでいて、包み込まれる感はすばらしい。

10003909_160010003905_1600

が、マルクト広場以外にはあまり木組みの家は見られない。日曜日の夕方という事もあり、閑散としている。

10003911_1600

木組みの家とは関係ないけど、、、このパン屋のマーク、、、ステキだ。。


11.Blaubeuren : ブラウボイレン
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★★☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★★☆
・ お勧め度 : ★★★★☆
Blaubeuren 00Blaubeuren 001

StuttgartからはUlmを経由して1時間11分程。Ulmから11分のところにある街、"Blaubeuren"。観光としての見どころは、2枚目写真の左上1/4に集中している。何といっても有名なのは、左上にある"Blautopf"。

10005034_160010005037_1600

観光ルートを歩いてみると、色々な木組みの家が点在していて、なかなか街歩きが楽しい街。木組みの家が一か所に集中したような場所は無いけど、こういった街は、探す楽しみがあってなかなかおもしろい。

10005052_160010005058_1600

街中を流れる水路沿いに建っている結構大きな木組みの家。なかなかのひん曲がり具合がステキ。しっかし、頭でっかちな建物である。。

10005065_160010005073_1600

上の地図で言うと、左上にあるKloster:修道院。14〜15世紀にはじまる修道院は教会もすばらしい。が、ここに面白いものを発見!

10005077_160010005079_1600

"Badhaus" つまり中世の風呂場。ミュージアムになっていて、入場料は€2,00。開館は3月末〜10月末。HPはこちら

10005082_160010005080_1600

しっかりとした作りの建物で、さぞ大きな浴槽があるのかと思いきや、、小さい。。この辺が日本の温泉文化との違いなのかな。。ただ、お湯を沸かす構造とかがそのまま残っていて、使い込んだ跡もあったり、なかなか面白い雰囲気。

10005088_160010005093_1600

2階には、お風呂を浴びた後(?)にくつろぐ部屋もある。装飾がすばらしく、中世にタイムスリップできるこの雰囲気は味わう価値あり。

10005094_160010005099_1600

休息室やベッドなど要人が使用していた備品が展示されている。

10005109_160010005121_1600

Kloster自体も木組み構造となっていて、なかなか大きな建物がすばらしい。


Blautopf
そして何よりも、Blaubeurenと言えば、こちら、"Blautopf”。
10005118_160010005113_1600

街の一番奥にあるのがこの池。と言っても普通の池では無い。地下川が流れてきて、地上に現れる場所で、実はこの池の奥は、全長6km以上も続く地下川(地底川)となっている。写真をよく見てもらうとわかるが、、めちゃくちゃ透明度が高い。2枚目の池に見えているものは、反射ではなく、池の中である。見ていると、底が無くて吸い込まれるような感覚におちいる。

Blaubeuren 06

断面図。右端が現在地"Blaubeuren"。奥には、地底湖や地底川が続き、鍾乳洞などもあるらしい。

Blaubeuren 05

こちらが地図での地底川の位置関係。近辺には、他にも地底川があるらしく、それぞれのつながりを含めて、まだまだ全容は解明されていない。

どちらかと言うと、木組みの家よりも、"Blautopf"の方が有名な街だけど、色んな要素を持った街、"Blaubeuren"。訪れる価値あり!


12.Meersburg : メアスブルグ
・ Fachwerkhausの数・密集度 : ★★☆☆☆
・ 雰囲気に浸れる度合い : ★★★★☆
・ お勧め度 : ★★★★☆

Meersburg 08Meersburg 10

以前、Bodensee:ボーデン湖 サイクリングにて訪れた街。
サイクリングの様子はこちら(ボーデン湖サイクリング その2 Friedrichshafen 〜 Konstanz)

Meersburg 11

街自体は崖に建つ城を始め、とても美しい。が、木組みの家は少ない。正直、なぜFachwerkstrasseの一つになっているのか不思議なくらい。。。



13.おすすめの街ランキング
という事で、Fachwerkstrasseの南ドイツ(その1、その2)で紹介した街の中から、勝手に個人的なおすすめを挙げてみたい。

3位 : Markgroningen (その1 2.参照)
2位 : Kirchheim unter Teck (その1 8.参照)
1位 : Schorndorf (その1 6.参照)

番外 : Blaubeuren (その2 11.参照)


南ドイツを周る時に、観光地ではなく、小さくてかつ魅力のある街を見てみたい方は、是非是非この辺の街を回って見てほしい。

まだまだ気になる小さな街はたくさんあるので、これからも色んな所へ足を運んでいこうと思う。