IMG_20180305_173753-2_1600IMG_20180401_150806_1600

2018年3月からいよいよワインの道へ本格的に進むことに。

今後の予定としては、
2018年3月〜9月 ; ワイナリーにて半年間の事前実習(大学入学条件のため)
2018年10月〜 ; "ガイゼンハイム大学;Geisenheim Hochschule" のワイン醸造学部へ入学。
ストレートで卒業できれば3年間、の後、ドイツ国内のワイナリーでの就職を目指す。

そしていずれは、自分の作ったワインと日本食とのマリアージュを提供していきたい。そこがゴールである。


紆余曲折があり、夢をもって渡独してからすでに約4年が経過。1年間の語学勉強ののち寿司の世界で3年。日本で料理の勉強を1年間したとは言え、海外において ”日本食=寿司” である以上、寿司を学べるチャンスがあったのは非常に大きな収穫だった。ヴュルツブルグにて腕のある職人と出会えたのも大きな運命で、寿司に対して一生懸命になれたのはその "マイスター" のおかげで他ならない。日本での様々な経験、ドイツでの貴重な経験を活かすためにも、思い描く夢をしっかり具体化していこうと思う。


IMG_20180401_142843_1600IMG_20180307_101333

険しい道のり
現実に目を向けると、ワイン醸造家としての道のりはたやすいものではない。話を聞けば聞くほど険しい道のりが幾重に連なっている。

まず、農業というのは、基本的には代々守り続けてきた土地で行うもの。そのため、なかなかよそ者には入りにくい現状がある。これは日本でも同じで、長野農業大学での就農研修で何度も聞いた話。その地元の人に認めてもらえなければ、土地も借りれないし、スムーズな出荷もできない。
それがどうだろうか、ここはドイツであり、私は外国人。かつ、失業率が日本より高い上にEU圏内の労働者が溢れ、最近は難民も多くいる。”作業者"は想像以上に溢れているのが現状なのである。
歴史が数百年あるワイナリーがほとんどで、果たして学を身につけた外国人がワイナリーの肝となる醸造家の席につけるのだろうか。。。現状ではなかなか厳しいと言わざるを得ない。

とは言え、ポジティブな話も無いことはないと考えている。
一つは高齢化。日本ではこの先10年で、農地の荒廃が一気に進むともいわれている。ここドイツでもワイナリーの高齢化は大きな問題で、急斜面の多いモーゼル辺りでは特に厳しいようである。もう一つは、日本食の定着である。中規模・小規模の街ではまだまだ日本食と言えば寿司であり、ほとんどがソースのたっぷりかかったスナック感覚のアメリカ寿司である。が、きちんとした日本食(寿司以外の)と共にワインを楽しめる店は事実として確実に増えてきている。寿司がヨーロッパで騒がれてずいぶんになるし、そういった現状を見てみると、寿司がヨーロッパに定着した、と言ってもいいのではないだろうか。

40歳間近であるが、農業の世界ではまだまだ重宝される年齢であるし、プラスαとして、日本食やエンジニアの経験を武器にしつつ可能性を探っていくことは、トライする価値の充分あることだと考えている。

ちょっと本気で書いてしまったが、いずれにしても第2の人生の最大の目標。必死になって食らいついていこうと思う。

IMG_20180327_152558_1600IMG_20180331_182350_1600


まず今の自分に必要なことはもちろん語力。
単なる語力ではなく、勉強のための語力である。つまりは高校レベルの各教科をドイツ語で理解している必要がある。数学、化学、生物、物理あたりは最初に抑えておかないといけない。
いざ、各教科を見てみて気付くのが、ほとんどの専門用語がわからないこと。元々理系なので、解説の図を見れば大体何のことを言っているのかは検討はつくけれども、説明の文章を読むのになんと時間がかかることか。今からドイツ語での授業が不安である。。

ちなみに、4年経った現在のドイツ語力と言うと、、、
こちらから話しかける場合、つまりテーマがわかっている状況であれば、細かいニュアンスは抜きとして、ストレスはほぼ無く話はできている。ただ、フリートークになった場合、かつドイツ人同士の会話を聞き取る必要がある状況では、正直まだまだである。スピードがあがったり方言なども入ってくると正直ついていけていない。この実習が始まってからはそんな状況ばかりなので、そこに対してはどんどん慣れていくとは思っている。
今の生活であれば、聞き取りは慣れていくだろうから、あとは使える単語力をもっともっと増やして、ドイツ人の言い回しを吸収していく段階だと感じている。
のんびりとしていた私のドイツ語力向上スピードも、ようやく加速していきそうな今日この頃である。


と、久々の更新でネガティブな感覚を伝え過ぎているけど、これが素直な現状。
大学が始まるまで半年間。ワイナリーの仕事を肌で覚えつつ、この辺りの基礎をどこまで身につけることが出来るか。そんな奮闘記をこれからちょくちょく書いていこうと思う。

さてさてどうなることやら。。。